園児さん達の興味とプログラミング

Kids Heartでは、ルームリーダーの先生達が2~3週間毎に様々なテーマをもとに日課の内容をプログラミングします。

プログラム作成の為のテーマを考える際に考慮するのが、「季節」や「子供の興味」です。

前回の1,2歳児さんのクラスのテーマは「乗り物」でした。毎日の公園までの道のりで、車やトラックやバイクや自転車に興味を示す園児さんが多くみられたからです。

DSCF5845_R

グループタイムで先生が様々な乗り物の写真を見せると、「airplane(飛行機)」「bicycle(自転車)」と乗り物の名前を答えてくれる園児さんがいたり

電車の写真を見せると「choo choo(電車の音)」、バイクの写真を見せると「vroom vroom(バイクのエンジン音)」などと手振りを付けて教えてくれる園児さんがいました。

また、各乗り物の音を聞いたりもします。1週間もすると園児さん達は音を聞いただけでどの乗り物の音かを判断する事ができるようになっていました!!

 

アートの時間では、乗り物のスタンプをしました。

紙に写る乗り物をみて「bus!!(バス)」「boat!!(ボート)」と言う園児さんや

DSCF5106_R

スタンプの絵柄を興味深そうに眺める園児さんがいました。DSCF5123_R

 

ミュージックタイムでは、電車の歌に合わせてお友達と一緒にゴムでできた電車に乗りました。

「choo, choo!!(電車の音)」大きな声と大きな笑顔で電車を走らせる園児さん達です(実際には走らずに歩いていますが・・・)

DSCF4740_RDSCF5657_R

 

様々な角度から乗り物について触れた1,2歳さん達。公園までの道のりで乗り物について話をしてくれる園児さんがさらに増えました!!

 

3,4,5歳さんのクラスでは、絵本のコーナーに置いてある「Volcanoes(火山)」の本を見て先生に様々な質問をしてくる園児さんが数名いたので、先生が火山についてプログラミングしました。

DSCF5843_R

この本に書かれている火山についての情報を1週間かけて学んで行きました。

新しく学んだ言葉が沢山ありました。

「Volcano(火山)」「Lava(溶岩)」「Magma(マグマ)」「Ash(灰)」などなど。普段では使わないような言葉は興味深いですね。

また、Mt. Fuji(富士山)が火山の1つである事も学びました。

 

次の週は火山の実験をしました。

まずは園児さん達と一緒にマグマを作ります。

DSCF5386_R

Baking Soda(重層)とWater(水)を入れて赤の食紅を足すとMagma(マグマ)の出来上がりです。

火山の中を興味深そうに覗く園児さん達です。

DSCF5277_R

このマグマにVinegar(お酢)を流し込むと

DSCF5191_R

 

DSCF5195_R

火山が噴火しました!!

 

「Wow!!(わぁっ!)」「Magma!(マグマ)」などと言いながら噴火した火山を見る園児さん達もいれば

DSCF5197_R

実験で使ったお酢の臭いがきつくて「It’s smelly~(臭い~)」と鼻を押さえながら笑いだす園児さん達もいました。

DSCF5405_R

 

1週間かけて実験を繰り返すと

「Magma is inside (マグマは(火山の)中にある)」

「Lava is outside (溶岩は(火山の)外にある」

と言う内容を理解しながら言葉にする事ができるようになった園児さんが沢山いました。

また、富士山のように現在は活動をしていない休火山の事を「Volcano is sleeping(火山が眠っている)」と表現をする園児さんもいました。

 

 

どちらの年齢のクラスの園児さん達も、興味のある事をどんどんと吸収していきます。英語の環境だという事を忘れてしまうくらいです。 すごいですねぇっ!!

 

written by Yoko / checked by Sonoko