手作り教材

Kids Heart白山では、先生達が手作りで様々な教材を作ります。

手作り教材には色々なタイプの物があり、それらの教材は園児さん達の

・興味を引き出したり

・知識を広げたり

・語彙を増やしたり

・集中力を高めたり

する事に大いに役立ちます。

 

今回のブログではその1部を紹介させて頂きます。

 

絵ではなく、本物の写真を使用した教材です。

DSCF9570_R

本物の写真は多くの教材に取り入れられています。

 

 

スズランテープを使用した雨です。梅雨時期に大活躍しました。

DSCF9564_R

先生がスズランテープの雨を園児さんの頭上に持っていくと「Rain, rain, go away!! (雨さん雨さん、どこかへ行って!)」とニコニコ顔で言っている園児さんが大勢いました。

 

 

マルチアイテムであるミステリーボックスとミステリーバッグも先生の手作りです。

DSCF9557_R

親子英会話に通っている0歳・1歳の園児さん達は、ミステリーボックスから何が出てくるかを興味深々な顔つきで見ています。

保育コースに通っている園児さん達とは、バッグの中に入っている物の音を聞いてそれが何かを予想してみたり、バッグの中に入っているものをバッグの外側から触って物の感触を感じたり、みんなで順番にくじ引きをしたりと様々な方法で使用しています。

 

 

季節のイベントが近付くと、それに合わせた教材も作ります。

フェルトを使ったハロウィンのバスです。

DSCF9558_R

窓を開けるとそこにはハロウィンのキャラクター達が子供たちと一緒にバスに乗っています。

DSCF9563_R

ハロウィンのプログラミングが始まった頃にお化けを怖がっていた園児さんがいましたが、このハロウィンバスを見てからはニコニコ顔です。怖くないお化けさんもいるんだね。

 

 

先生達はアイディアを駆使して様々な教材を作ります。

最後に紹介する教材は素敵なアイディアの手作り教材です。

手作りの絵本「How do you feel?(ごきげんいかが?)」には園児さん達を夢中にさせる仕掛けがあります。

DSCF9477_R

ページをめくると

DSCF9478_R
なんとそこには「I’m happy!(嬉しい気分だよ)」とニコニコ顔の先生がいます!!

先生が本を閉じると、園児さん達は大きな声で「How do you feel?(ごきげんいかが?)」と尋ねます。

「I’m sad(悲しいなぁ)」と泣いている先生や「I’m sleepy(眠たいよぉ)」と目をこする先生がページをめくるたびに現れます。

1-2歳児のクラスの園児さん達は「one more time!! (もう1回!!)」と何度も先生にお願いします。

3-5歳児のクラスの園児さん達は「my turn please(やらせて下さい)」と言い、順番に絵本の中の顔に挑戦をします。

 

 

手作りの教材は、保育現場で園児さん達と長い時間関わっている先生達が、園児さん達の事を考えながら作りだされる物です。

他にも手作り教材がブログのあちらこちらで紹介されています。ご覧頂けると嬉しいです。

 

written by Yoko / checked by Sonoko