Afternoon英会話 Halloween Class (参観日)

Kids Heart白山のHalloweenイベントは大きく2つに分かれます。

・Halloween Picnic (保育コースの園児さんのイベント「ピクニック」)

・Halloween Class (午後の英会話クラスの生徒さんのイベント「参観日」)

です。保育コースでのHaloween Picnicの様子にご興味のある方は2015年/2014年/2013年のブログをご覧ください。

http://kidsheart.jp/blog/archives/date/2015/10

http://kidsheart.jp/blog/archives/date/2014/10

http://kidsheart.jp/blog/archives/date/2013/10

 

今回のブログでは、昨年から新しいイベントとして導入された「Afternoon英会話 Halloween Class (参観日)」の内容をご紹介します。

 

Afternoon英会話Classは、各生徒さんの通われている幼稚園終了後からの習い事のクラスです。

このクラスで10月25日(火)・10月26日(水)・10月27日(木)・10月28日(金)の4日間に「参観日」として「Afternoon英会話 Halloween Class」を行いました。

 

Afternoon英会話Classは2部構成のクラスです。

1部では主に「発語」に関する内容を行います。Halloween Class (参観日)の期間は、Halloweenにちなんだ内容が盛りだくさんです。

 

先生と挨拶をし一緒にカレンダーを読み終えた後は、フレーズ遊びの時間です。

Hallweenのキャラクター達はそれぞれは何を持っているのでしょうか?キャラクターとアイテムを一致させて先生に教えてくれます。

2 (2)_R

「Black cat has a tail (黒猫は尻尾を持っています)」

DSCF9353_R

「Monster has three eyes (怪物は目を3つ持っています)」

日本語には無い「単数形・複数形」に注意をしながら大きな声で言えました。

 

フレーズ遊びの後は音楽の時間です。

「Who took the candy from the trick-or-treat bag? (キャンディーバッグからお菓子を取ったの誰だぁ?)」の歌をうたいながら、誰がキャンディーバッグからお菓子を取ったのか、みんなドキドキわくわくです。

3_R 3 (2)_R

キャンディーを取った園児さんは「Yes, me!! (私よ/僕だよ‼)」と満面の笑みです。

キャンディーを取れなかった園児さんは「Not, me… (私/僕じゃないよ…)」とがっかり顔。でも、今度は取れるかもね‼

 

そして、ダンスタイム。知っている曲は歌いながら踊る園児さんがたくさんいます。

もちろん、Halloweenにちなんだダンスも踊ります。

1 (2)_R 1_R

 

ダンスが終わり、お茶を飲んだら「Story time(読み聞かせの時間)」があり、1部は終了です。

4_R

 

 

この後はお部屋を移動して2部目の授業となります。

2部では「書き練習」と、2-3週間ごとに変わる「アート」「実験」「ゲーム」を行い普段の生活では使用しない英語に触れていきます。

 

書き練習では、先生にアルファベットの書き方を教わり各自のワークシートをこなしていきます。今週はHalloweenの「H」(年長さんの学年は小文字「h」)の練習です。

11_R 12_R

ワークシートを配る際に、自分の名前が呼ばれると「Yes, I’m here (はい。ここにいます)」と手を挙げて返事をする事が出来る園児さん達です。

消しゴムが必要な時は「Eraser please (消しゴム下さい)」

ワークシートが終わると「Finished!! (終わったぁ!)」

など、ワークシートの時間でも英語が飛び交います。

 

 

ワークシートが終わると、最後に「Making witch’s stew(魔女のシチュー作り)」ゲームを行いました。

まずは、先生が魔女のシチュー作りに必要な材料を教えてくれます。

・Something Colorful (何かカラフルな物)

・Something Shiny (何か光っている物)

・Something Long / Short (何か長い物 / 短い物)

・Something Heavy / Light (何か重い物 / 何か軽い物)

など沢山あります。

13_R

そして先生が「Please give me something 〇〇 (何か〇〇な物を下さい)」と尋ねていきます。

生徒さん達は該当するアイテムを持って魔女のシチュー鍋にどんどんと加えていきます。

14_R 15_R

魔女のシチューはどんどんと出来上がって行きます(笑)

そして最後に「Special ingredient (特別な材料)」として「Something bubbly (泡立つ何か)」をみんなで加えます。

16_R

こうして出来上がったWitch’s stew (魔女のシチュー)。

先生が「Who would you like to try it? (誰か食べてみたいかしら?)」と聞くと

「No!!!!!(いやぁ‼!!)」とまずそうな顔を見せる園児さんや

「Me!!!! (私/僕、食べてみたい!」と冗談めいた顔で笑う園児さんがいました。

 

この後は、各自トイレに行き、保護者の方々と降園となります。

 

盛りだくさんのクラス内容、その内容の英語を理解し、堂々と発言をしている自分の子供をみて、驚きを隠せない保護者の方が沢山いました。

 

私も、すごいなぁと思います(笑)

 

今回のイベントにも沢山のご家庭に参加をして頂きました。

ありがとうございます。

 

written by Yoko / checked by Sonoko

室内遊び

9月も中旬になり涼しい日が多くなってきました。

今年も7月後半の梅雨明けから9月中旬まで、外気温が高すぎて外遊びに行けない日が多くありました。

*Kids Heart白山では朝9時の時点で外気温が29度に達している日は午前中の外遊びは中止となります。

 

大好きな外遊びに行けない日は、室内でスペシャルなアクティビティをします。

 

 

小さい園児さんのクラスでは

 

小麦粉粘土で色々な物を作ったり

DSCF4097_R

 

友達と段ボールをシェアしながら遊んだり

DSCF3830_R

 

大きなパラシュートを使って体を動かしたりしました。

DSCF3499_R

DSCF3504_R

 

 

大きな園児さんのクラスでは

 

数字や図形をゲームを通して学んだり

DSCF2035 - コピー_R

DSCF0944_R

 

日本の「だるまさんが転んだ」の英語バージョン「What’s the time Mr. wolf? (オオカミさん、今何時?)」で声を出したり

DSCF2214_R

 

室内障害物走で体を動かしたりしました。

DSCF3463_RDSCF3477_R

 

 

各クラス、年齢に合わせたスペシャルアクティビティ。

外遊びに行けなくても、室内遊びを通して友達と触れ合い、エネルギーを発散させ、たくさんの事を学ぶ園児さん達でした。

 

written by Yoko / checked by Sonoko

手作り木工作品 [ピンボール]

大きい園児さん達のクラスでは、Kids Heart白山で初めてとなる本格的な「手作り木工作品」に挑戦しました。

 

作る物は「ピンボール」です。

 

先生が「This is what we are going to make throughout the 2 weeks (2週間かけてみんなでコレを作るんだよ)」とピンボールの写真を見せてくれました。

「何だろう、これ?」というような顔で写真を眺める園児さんが沢山いました。

 

先生が使う道具の説明をしてくれました。

・Wood (木/木材)

・Saw (のこぎり)

・Sand Paper (やすり)

・Hammer (金づち)

・Nail (釘)

・Screw Driver (ドライバー)

・Screw (ネジ)

・Marble (ビー玉)

これらを使用する際の注意事項にも耳を傾けて聞く園児さん達です。

 

 

さぁ、いよいよピンボール作りスタートです。

 

 

最初の数日は、のこぎりで木材を切ったり、やすりで木を滑らかにしました。

DSCF1342_R DSCF1351_R DSCF1467_R DSCF1357_R

のこぎりを使って一生懸命に木材を切るお友達をみて「Go,〇〇!! Go,〇〇!! (〇〇君/ちゃん がんばれ‼)」と応援をする園児さん達。

木材が切れると「Yeah!! (やったぁ‼)」と笑顔です。

 

 

その後は、釘やネジを何日もかけて沢山打ちました。

 

金づちを使って釘が木材の中に入っていく様子を目を輝かせて見入る園児さんが大勢いました。

DSCF1442_RDSCF1446_R

 

 

ドライバーで真っすぐ下にネジを回し入れるのは、少し難しい様子だった園児さん達も、何回か挑戦をするうちにどんどん上手になっていきました。

DSCF1852_RDSCF2704_R

 

 

作り始めた頃は釘/ネジが少なく、ビー玉がほぼ真っすぐ下に落ちていたピンボールですが

DSCF1874_R

日に日に釘/ネジが増えていき

DSCF2286_R

最後にはこんなにたくさんの釘/ネジが付いたピンボールになりました。

DSCF2713_R

 

釘/ネジがたくさん付いた自分たちの手作りピンボール。

ビー玉が釘/ネジにぶつかる音や、ぶつかって跳ね返る様子に、何度も何度もピンボールゲームを繰り返す園児さん達でした。

DSCF2483_R

 

初めて「ピンボール」の写真を見たときの園児さん達は「これは何だろう?」と言う顔をしていましたが

 

日に日にピンボールらしくなっていく自分たちの作品を

「making Pin-Ball!! (ピンボール作ってるんだ‼)」

「use hammer! (金づち使うんだ‼)」

「bounce marble (ビー玉が跳ねるの‼)」

などと誇らしげに話してくれる園児さん達です。

 

 

完成したピンボールは、この先、Kids Heart白山の「Special Toy (特別なオモチャ)」として園児さん達と大切に使っていきます。

 

 

*文中に出てくる園児さんの英語の会話に名詞の単数形や複数形が抜けていたり、現在形と過去形がクリアに使い分けられていなかったりしますが、現在習得中の段階です。

 

written by Yoko / checked by Sonoko

Star Festival★七夕★

Kids Heart白山は英語環境の保育園ですが、日本の伝統行事は季節ごとに取り入れています。

7月の日本の伝統行事と言えば七夕ですね。小さい園児さんのクラスでも大きい園児さんのクラスでもアートの時間に七夕飾りを作りました。

小さい園児さん達は、ハサミを先生と一緒に使ってみたり

11_R

先生に手伝ってもらって輪っかを作ったりしました。

10_R

出来た飾りをノリで繋げる時は、先生と一緒に1から10まで英語で数えます。「one, two, three, four, five, six, seven, eight, nine, ten!!!」

12_R

 

 

大きい園児さん達は短冊を作り

1_R

本物の笹の葉に飾りました。

2_R

3_R

自分たちで作った七夕飾りが日に日に増えていく笹の葉を見て

「It’s mine!!(これ、私の(私が作った飾り)‼)」

「Beautiful bamboo tree‼ (綺麗な笹の葉‼)」

などと目を輝かせている園児さん達です。

 

また、大きい園児さん達は「七夕物語」を英語で学びました。

 

先生がフェルトで作ったアイテムで “Star Festival Story (七夕物語)” を語ってくれました。

4_R

織姫と彦星の間に流れる大きな川を見て「Milky Way!! (天の川だ‼)」と教えてくれる園児さんや、紙芝居や絵本ではない物語を真剣なまなざしで聞き入っている園児さんが大勢いました。

 

園児さん達の願い事が空に届きますように(祈)☆彡

 

*Kids Heart白山では、毎日10-15分の「日本語の時間」を設けています。七夕などの日本の伝統行事は、英語だけではなく、日本語の時間にも必ず取り入れています。

written by Yoko / checked by Sonoko

 

保護者 初顔合わせのイベント

2016年度も2ヶ月半が経とうとしています。

園児さん達もずいぶんと園の生活に慣れてきた様子です。

 

昨年度より導入された6月のイベントは、保護者の方々の顔合わせを目的とした「その年最初の保護者参加型イベント」となります。

 

小さい園児さんのクラスは「Pot Luck Party(1品持ち寄りパーティー)」をしました。

 

当日、クラスに集まった園児さんと保護者の方々。いつもと違う雰囲気にテンション高めの園児さんや様子をうかがう園児さんなど様々です。

最初に大きな円になって座り、ゲーム形式で「自分の子供」について紹介をしてもらいました。

DSCF5093_R

大きなサイコロには

① 子供の名前の由来
② 子供が生まれて来た時のお父さん/お母さんの第一声
③ 見た目/しぐさ等「ここがお父さん/お母さんに似ている!」と思うところ
④ 見た目/しぐさ等「うちの子、とにかくココが可愛いんです!」と思うところ
⑤ いつか子供と行ってみたい県または国とその理由
⑥ Kids Heartに通い始めて「成長したなぁ」と感じる事

 

の6種類の目があり、出た目の内容を保護者の方に答えて頂きました。

様々な答えに、保護者の方々の自分のお子様への想いを改めて感じさせられる心温まる紹介でした。

 

園児さんの紹介ゲームが終わり、現在習っている英語の歌を歌った後は、お待ちかねの夜ご飯です。

 

各ご家庭より1品ずつ持ち寄って頂く形式のパーティーでは、園児さん達の食欲もいつも以上の様子です。

DSCF5130_R

お父さん・お母さん・お友達、お友達のお父さん・お母さんに囲まれて、何度も何度もお替わりをして、お腹いっぱいになるまでご飯を食べました!

保護者の方々も会話を交わしながら食事を楽しんでいる様子でした。

 

楽しい食事の時間が終わると、いつも歌っている帰りの歌を歌い、Pot Luck Partyは終了です。

笑顔で帰っていく園児さんと保護者の方々。みんなが笑顔でスタッフも笑顔になりました。

 

 

次の週は、大きい園児さんのクラスのイベント「Pajama Party (パジャマパーティー)」です。

 

6月最初から、このPajama Partyの日を指折り数えて楽しみにしていた園児さんが沢山いました。

当日、パジャマ姿で集まった園児さん達。笑顔が止まりません(笑)

DSCF6095 - コピー_R

 

Pajama Partyでは、最初に普段行っているMorining Circle Time(朝の会)とMusic Time(音楽の時間)の内容を少しだけお父さん・お母さんに見せました。

 

そのあとは、2チームに分かれて「親子マッチングゲーム」をしました。チーム戦なので、負けたチームには罰ゲームが待っています。

 

1人ずつ撮った園児さんの写真と1家庭ずつ撮った保護者の方々の写真。どの園児さんが、どの保護者の子供か、各写真をマッチングさせていくゲームです。

2チームに分かれてのゲームは接戦でした。

惜しくも負けてしまったチーム。罰ゲームはダンス「Move Like the Dinosaurs(恐竜みたいに‼!)」の披露です。

 

まずは先生が振り付けを教えます。先生と一緒になって踊り方を保護者の方々に教えてくれる園児さん達もいました。

♪Shake your head では、頭を恐竜のように振ります

♪Stomp your feet では、恐竜のように足を踏み鳴らします

♪Swing your tail では、シッポを振ります

 

音楽が始まり、教わった振り付けで園児さん達と踊る保護者の方々。

DSCF5699 - コピー_R

踊り終わると「なんか、意外と楽しいかった」「子供が家で踊りたがる理由がわかる気がする」「こうやって英語を覚えていくんだぁ」などの感想を笑顔で述べていました。

 

ゲームの後は「スライドショー」の時間です。

部屋を暗くして、4月~6月の間の園内での園児さん達の写真と、スポーツクラスの様子のムービーを流しました。

自分やお友達が写真やムービーで映し出されるたびに、大きな声で名前を呼びあっている園児さん達。

たった2ヶ月半の間でも成長を見せてくれるお子様の姿に感心をしている様子の保護者の方々。

部屋が暗くなっても、明るい声が部屋中を飛び交っていました。

 

スライドショーが終わると、お帰りの時間です。

いつも歌っている帰りの歌を大きなきれいな声で歌う園児さん達。

そして、大きな園児さん達もお父さん・お母さんと一緒に笑顔で帰っていきました。

 

年度末までの残り10ヶ月。園児さん達がKids Heartを楽しみながら成長していけるよう、スタッフは全力でサポートしていきます。

 

夜のイベントにも関わらず、たくさんのご家庭に参加をして頂きました。

Party終了後は当園近隣の方々へ配慮をして頂き、静かに速やかに帰宅をして頂きました。ご協力ありがとうございました。

 

written by Yoko / checked by Sonoko