病気・ケガ・緊急時の対応

病気・ケガの対応

(1)病気について

検温
お子様の様子がいつもと違ったり、前日発熱した場合は、登園前に必ず検温をし保育士にお知らせください。 外遊びを控えなければいけない容態の場合は登園を控えて頂きますようお願いします。
発熱と下痢
保育園内において下痢が続いたり、熱が37.5度以上になり、食欲・機嫌などの状態が悪い場合は家庭または勤務先へご連絡いたします。お迎えをお願いすることがあります。
病歴
ひきつけ、関節脱臼、アレルギー体質、小児ぜんそく、心臓病、肝臓病など日常生活において、注意または配慮を必要とすることがありましたらお知らせください。 お知らせいただけなかった場合、対処を誤り、取り返しのつかない事になってしまう可能性があります。
薬について
【お預かりできる薬】
  • 診察した医師が処方した薬
  • 1回分のみお持ちください(外用薬は1回量でなくてもお預かりします)
  • 粉末は分包されたまま,シロップ等の水薬は1回分を取り分けてお持ちください
  • 容器や袋にお子さんの氏名を必ず書いてください
  • 「塗布薬」は、個別に園長に相談し、園長の承諾があった場合のみお預かりします
  • 虫よけシート・虫よけシールはお預かりできます
【お預かりできない薬】
  • 市販薬や自家製の薬
  • 「坐薬」「解熱剤」「吸入薬」
  • 以前に処方されて残っていた薬や兄弟姉妹の薬など
【与薬の依頼について】
  • 薬と共に与薬依頼書をお持ち頂きます。与薬依頼書の項目はすべて記入してください。
  • 与薬依頼書を保育士と共に確認し、確認後に保育士のサインが必要となります。

(2)感染症について

伝染病にかかった場合の登園基準は、学校伝染病についての登園停止基準に準じた措置となります。(感染症につきましては別の資料を参考にしてください)
伝染病にかかりましたら、保育園にご連絡ください。
感染症と診断されましたら、お子さまの休養と他児への感染を防ぐために保育園はお休みをしていただきます。
登園にあたり、登園許可証が必要となります。 医師に記入いただき、保育園にお持ちください。
園ではインフルエンザや感染症胃腸炎の集団感染が確認されましたら、速やかに関係機関と連絡をとり、感染拡大防止に努めます。保護者の方々に周知いたしますので、家庭内においても、感染予防にご協力をお願いいたします。

【病(医)院を受診する時に】

お子さんが保育園に在園していることを医師にお伝えしてください

  • 保育園に薬を持参しなくても,家で服用できるよう医師が薬を処方してくれる場合があります
    (例1:1日3回→2回に。例2:朝,昼,夕→朝,夕,就寝前に等)
  • 登園前または帰宅後に服用することが可能な薬につきましては, 家庭で服用してください
【留意点】

以下のような場合は薬を服用できない場合があります

  • 「与薬依頼書」で記載漏れや記載不備があるとき
  • お子さんが服用を嫌がったり,吐いたりして飲ませられないとき
  • 水薬の色が変わったり,濁って性質が変わったと判断されるとき
【伝染病の病気について】

登園してはならない病気一覧 *医師よりの「登園許可書」又は「完治証明書」を保育園にお持ちいただきます

疾患名
出席停止期間の基準

*以下の基準に基づき主治医の判断によるもの

主要症状
インフルエンザ
発症した後5日を経過し、かつ、解熱後3日を経過するまで
(抗ウイルス剤を服用中は登園を控える)
発熱・咳・鼻水・頭痛・咽頭痛など
百日咳
特有の咳が消失するまで
又は5日間の適正な抗菌物質製剤による治療が終了するまで
発熱・夜間に激しいせき・ねばっこいタン
麻疹
(はしか)
解熱後3日を経過するまで
発熱・頬の内側に白いプツプツ・
耳の裏から首にかけて発疹・食欲不振
風疹
(3日はしか)
発疹が消失するまで
発熱・全身に小さな赤い発疹
流行性耳下腺炎
(おたふく)
耳下腺・顎下腺・舌下腺の膨張が発現した後5日間を経過し、
かつ、全身状態が良好になるまで
発熱、耳下腺が腫れる
水痘(水疱瘡)・帯状疱疹
全ての水疱・発疹がカサブタになるまで
(ジュクジュクしていないこと)
抗ウイルス剤を服用中は登園を控える
発熱、発疹の中に水がたまる
咽頭結膜熱
(プール熱)
主要症状が消失した後2日を経過するまで
発熱・喉の痛み・目の充血・目やに
腸管出血性
大腸菌
(O-157・O-26等)
医師より感染の恐れがないと認められるまで
下痢・嘔吐・発熱
流行性角結膜炎
(はやり目)
医師より感染の恐れがないと認められるまで
目やに・目の充血・涙
急性出血性結膜炎
(アポロ病)
医師より感染の恐れがないと認められるまで
目やに・目の充血・涙
感染性胃腸炎
(ロタ・ノロウィルス等)
嘔吐・下痢症状が軽快し、全身状態が回復するまで
下痢・嘔吐・発熱
伝染性膿痂疹
(とびひ)
患部を覆う事が出来れば登園可能
覆えない場合はカサブタが脱落するまで
水ぶくれ・かゆみ

▼以下の病状で受診時に医師より登園停止と判断をされた場合は、「登園許可書」又は「完治証明書」が必要となります

細気管支炎
(RSウィルスを含む)
重篤な呼吸器症状(激しい咳等)が消失し、全身状態が回復するまで
鼻汁・激しい咳込み・呼吸困難
伝染性紅斑
(リンゴ病)
発疹期には感染力が無い為、全身状態良好であれば登園可能
(元気が無い/だるさが残る時は登園を控える)
両の頬に赤い発疹・
腕や太ももにレース模様の発疹
発熱はない事もある
ヘルパンギーナ
解熱し、喉の痛みや口内炎が軽快して、普段通りの食事が摂れるようになるまで
高熱・喉の奥に水疱
溶連菌感染症
抗生剤内服開始より24時間以上経過し、全身状態が回復するまで
高熱・発疹・イチゴ状舌・喉の痛み
マイコプラズマ感染症
解熱し、咳が軽快するまで
発熱・しつこい咳
手足口病
口内炎が軽快し、普段通りの食事が摂れるようになるまで
(元気が無い/だるさが残る時は登園を控える)
手のひら・足の裏・
口の中などに発疹又は水疱
発熱はない事もある
突発性発疹
解熱し、全身状態が回復するまで
高熱・発疹

<重要> そのほかの感染症・伝染病は、発生や流行の動向によっては医師からの「登園許可」又は「完治証明書」が必要となります。
その都度ご確認下さい。

災害時の対応

保育中に地震などの災害が起きた場合、防災頭巾を被り、避難所として指定されている指ヶ谷小学校(文京区白山2-28-4)に避難します。
※火災延焼等により危険がある場合は、小石川植物園(白山3-7-1)へ移動します。

災害などの緊急の場合は、事故や混乱を避けるため、送迎者リストに記入されている方以外にはお子様をお渡しできません。
送迎者リストに記入がある方でも、身分証明書の提示を求める場合もございますので、災害時のお迎えの時には身分証明書をお持ち頂くようご協力お願いします。

臨時休園・閉園について

以下の場合は、保育園を臨時休園・閉園させていただきます。
  • 伝染病・感染病の蔓延により伝染拡大防止の必要があると判断された時
  • 気象庁より気象警報が発令された時
  • 地震・台風などの災害により建物と建物周辺に危険性があると判断された時
  • 災害・天災・伝染症・感染症などの理由により必要数のスタッフの確保が不可能な時
  • 公的機関よりの指示があった時
  • その他、危険回避・安全確保の為、園を休園・閉園するべきと判断された時

※臨時休園・閉園の際の振替、返金は致しかねます。